« いまごろ放映中・・ | トップページ | Sendmail 8.13.3 リリース »

2005.01.12

またまたFedora での Corega のLAPCIGT

Fedora Core2 の kernel が 2.6.10-1.8 にアップデートされました。
で、だ!
またまたあの問題児のCorega のLAPCIGTが認識されません。
ったくぅ。

ってことで、/var/log/messages を見てみると以下のメッセージが・・
Jan 12 15:07:43 metal kernel: r8169: Unknown symbol pci_dma_sync_single

んで、前のバージョンのカーネルのヘッダファイルを検索すると
/lib/modules/2.6.9-1.11_FC2/build/include/linux/pci.h というファイルの中に

/* Backwards compat, remove in 2.7.x */
#define pci_dma_sync_single pci_dma_sync_single_for_cpu

という記述がある。 2.7.x では消しちゃうよ・・っちゅうコメントつきで。
んで、2.6.10を見てみるときれいさっぱり消されてしまってました。

ってぇことで、この記事でいじった r8169_n.c の頭のほうになくなっちゃったマクロ定義を書き足して make

んで、やっとこつつがなく認識してくれました。

このネットワークカード、手のかかるやっちゃなぁ〜。

|

« いまごろ放映中・・ | トップページ | Sendmail 8.13.3 リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4540/4495929

この記事へのトラックバック一覧です: またまたFedora での Corega のLAPCIGT:

« いまごろ放映中・・ | トップページ | Sendmail 8.13.3 リリース »